不登校というステータス異常

現在不登校に陥っているとしたら、それをRPGのステータス異常に例えて考えてみましょう。
ステータス異常に不登校を抱え込んでしまっている。
そうだとしたら、それによってあなたはステータスの低下を引き起こしてしまっていることでしょう。
単純に学校に行かないことで知力が下がっているかもしれませんし、体力も衰えているかもしれません。
そのほかにも見えない心の傷を負ってしまっていることでしょう。
だったらここでその異常、不登校を治療して、その後の冒険にのぞまなければなりません。


不登校に特効薬はない

他の病気だとしたら、薬を飲んでそれによって治療することができるでしょう。
身体の病気ではないにしても、心を病んでいる場合も薬で治療を施すことができるでしょう。
ですが不登校を治すために、それをすっきり治療できる薬は存在しません。
その原因を挙げていって、順番につぶしていき最終的に長い目で見て治すことが大切です。


不登校は長い付き合いになるかも

一度不登校になってしまうと、気を取り直して明日から登校しよう!
というのは難しいかもしれません。
長期戦を覚悟して、すぐに登校していたころに戻れるような想定をしないで、長い目で不登校と付き合うのが良いでしょう。