不登校になってしまったら

もし、自分が何かの事情から学校へ行きたくなくなってしまった時には、どうすればいいでしょうか?
不登校は決して恥ずかしいことではなくて、つかの間の急速なのではないかと思うんですよね。
人生に疲れてしまったから少し休む、それだけのことで時間が経ってその傷が癒えれば再び復帰することが可能なんです。
ただ、無理して通学するのではなくて、自分に出来ることから始めるようにしてみた方が良いでしょうね。


不登校の子にも言えないことがある?

家族だから隠し事をしていないと言う子供は、どちらかといえば少ないような気がしますね。
いじめられている事は特に言いにくいことだと思いますし、いじめられている自分を知ったら親はどう思うだろう?なんて考えてしまう。
子供と言うのは、大人が思っているよりもずっと色々なことを考えて気にしています。
不登校を改善するためには、子供の隠していることを確認して理解して、アドバイスしてあげるのが一番です。


逃げないで立ち向かおう

いじめが原因で登校できなくなってしまった時、その傷が大きくて再び通う事に対して怖い思いもあるかと思います。
だけど、そのまま逃げ続けても何も変わりませんから、怖くても自分から一歩踏み出すように勇気を出してみて下さいね。
相手も悪いですが、自分にも非がある事を認めて変わらなければ、何も変わりませんよ。